iPhone 6sのカメラ情報:1200万画素、4K録画、セルフィー用フラッシュ

iPhone 6sのカメラ情報:1200万画素、4K録画、セルフィー用フラッシュ 1
イメージです

またiPhoneのカメラ画質が上がってしまうのか…。

新型iPhoneの登場で楽しみなのはデザインや性能向上もそうですが、カメラ画質の向上も大きな関心事だったりします。さてさて次期iPhoneとなるiPhone 6sとiPhone 6s Plusですが、やはり大幅なカメラ性能の向上が見込めそうなんです。

イベント招待状の配布に合わせて怒涛のごとくiPhone 6s情報を報じている9to5Macによると、iPhone 6sのカメラは1200万画素にアップグレードされるそうです。これはiPhone 4sに800万画素カメラが搭載されてから、実に4年ぶりの画素数向上ですね! また、この新センサーはiPhone 6sのA9プロセッサ上のイメージプロセッサと相まって、画質低下を防ぐんだとか。

ビデオ機能としては、4K解像度のビデオ録画に対応。最近はプロフェッショナルな現場はもちろん、個人による動画撮影でも4K解像度が求められる場面も増えてきました。今後、iPhoneだけで撮影した4K映画やコマーシャルなんていうのも登場するかもしれませんね。

さらに、フロントのFaceTimeカメラはセンサー性能が向上するとともにフラッシュ機能が搭載されるというのです。ただしこのフラッシュ機能はLEDによるものではなく、シャッターボタンが押された時に「画面が白く発光」することによってフラッシュの代わりをするというもの。ちょっとしたアイディア機能って感じですね。また、パノラマショットや720pのスローモーションビデオ機能の追加もありえるそうです。

毎年どんどん性能が向上する、iPhoneのカメラ。そろそろコンデジは売って、iPhone一本にしようかなぁ…。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)