iPhone 6sに500万画素の改良型フロントカメラとForce Touchチップを確認?

iPhone 6sに500万画素の改良型フロントカメラとForce Touchチップを確認? 1

自撮りが捗りそう!

新型iPhoneで楽しみなもののひとつが、カメラ性能のアップグレード。今年のiPhone 6sでも背面カメラが1,200万画素になるなんて楽しみな情報がありますが、さらに前面にも500万画素の改良型フロントカメラが搭載されるかもしれないんです。

iPhone 6sに500万画素の改良型フロントカメラとForce Touchチップを確認? 2

上の画像は9to5Macが公開したiPhone 6sらしきフロントパネルの画像です。同サイトによると、iPhone 6sのフロントカメラセンサーがより大きくなるみたいなんです。センサーサイズはカメラの画質に大きく影響しますから、この話の通りに大型センサーが搭載されればiPhone 6sのフロントカメラ画質は確実に向上しそうですね!

さらにM.I.C gadgetによると、このセンサーは500万画素になるそうです。おお、現行のフロントカメラは120万画素ですから、なんと4倍ですね! 画素数から考えても大幅に画質アップですね! これによりiPhoneでセルフィーを楽しむ人がさらに増えそうな予感です。

iPhone 6sに500万画素の改良型フロントカメラとForce Touchチップを確認? 3

またこちらの画像では、iPhone 6sに搭載予定と噂のForce Touchエンジンのためと思われるチップが確認できます。さまざまなショートカット操作でユーザーに楽をさせてくれると噂のiPhone 6sのForce Touch、どんな使い方ができるのかな? 個人的にはゲームアプリへの応用ができないかと、ワクワクしています。

source: 9to5MacM.I.C gadget

(塚本直樹)