電源が入るiPhone 6sがリークか。じっくり内部を見てみよう

電源が入るiPhone 6sがリークか。じっくり内部を見てみよう 1

高性能化の予感。

着々と発表が近づく、次期iPhoneことiPhone 6s。発売日が近づくにつれ、リーク情報もより正確で詳しくなっています。今回MacRumorsが公開したのは少しだけ電源が入るiPhone 6sの動画と内部の詳細画像。さてさて、じっくり見ていきましょう。

ただし今回流出したiPhone 6sは一応起動するものの、画面は歯車画面のまま。しかも背面カメラなど主要コンポーネントの一部がありません。背面カメラやバッテリー容量についてのリーク情報は今後の報道を待ちましょう。

電源が入るiPhone 6sがリークか。じっくり内部を見てみよう 2

またiPhone 6sでは画面のタッチ強度を測定するForce Touch機能が搭載されると噂されていますが、この動画ではその機能は確認できません。ただ、iOS 9のForce Touchはショートカット操作がメインになるなんて詳細情報も報じれているので、こちらは期待して良さそうですよ。

電源が入るiPhone 6sがリークか。じっくり内部を見てみよう 3
左側がiPhone 6s

こちらはロジックボードの画像。以前からiPhone 6sには2倍高速なLTEを実現するモデムチップ「MDM9635M」が搭載されると噂されます。今回の画像からは、iPhone 6sには新型RFトランシーバーチップの「WTR3925」が確認できます。

WTR3925は小型で省電力、さらに1チップでキャリアアグリケーションを実現できます。キャリアアグリゲーションとは複数の電波をまとめて高速通信を実現するもの。iPhone 6sでは下り最大300Mbpsが実現されるとの情報もありますが、日本でもこの高速サービスが利用できることを祈りましょう!

電源が入るiPhone 6sがリークか。じっくり内部を見てみよう 4
右側がiPhone 6s

iPhone 6sの一番の目玉となりそうなのが、新型プロセッサ「A9」への刷新。しかし今回流出した画像からは、プロセッサがA9なのかどうなのかよくわかりません。プロセッサのシルク印刷もほとんど確認できませんね。噂の2GB RAMとか、搭載されてるといいんだけどな。

ただこの新プロセッサはA8プロセッサに比べて10%ほど大型化しているみたいです。これはRAM容量が増えたからなのか、それともコア数が2コアから3コアに増える布石なのか…。とにかく何らかの性能のジャンプアップはありそうですね!

iPhone 6sの噂の発表日は9月9日。個人的には背面カメラの画素数アップを期待したいところですが、これはくるのかなぁ…。

source: MacRumors

(塚本直樹)