アップルが唱える、「iPhoneがほかと違う理由」とは

アップルが唱える、「iPhoneがほかと違う理由」とは 1

特設ページで語られます

本日、アップルは「iPhoneがほかと違う理由。」ページを公開しました。iPhoneはなぜ良いのか?どういう所が優れているのか?どんな想いを込めて作られているのか?など、iPhoneがiPhoneたる理由が解説されています。具体的には、

  • 何年間も無料で利用できるiOSアップデートについて
  • 簡単、かつ高機能なカメラについて
  • 150万を超えるアプリについて
  • マルウェアへの安全性について
  • 共有すべきもの、プライベートなものの選択について
  • TouchID(指紋認証)の高度なセキュリティについて
  • iMessageやFaceTimeの利便性について
  • 日々の生活との密接な関係について
  • 表示や操作の支援について
  • iPhoneのサポートについて

など、iPhoneならではの利点がアップルらしい言葉で綴られています。そして最後に、

アップルが唱える、「iPhoneがほかと違う理由」とは 2

だから、iPhoneと呼べるのはiPhoneだけ。」と締めくくっています。

たしかにiPhoneはこれまで、さまざまな革新的な機能を生み出してきました。しかしそれはフクザツなものではなく、生活の中にiPhoneが加わることで、頭をひねらなくても自然と快適になるようにといったシンプルな提案。スマホというガジェットを生活の一部に組み込むというアップルらしいアプローチです。

そろそろ「次」が表される頃ですね。次のiPhoneも、きっと変わらずiPhoneのまま、でも、さらに便利になるイノベーションを引き下げて登場してくるに違いありません。

…と、キレイにまとめたところで申し訳ない余談なのですが、カメラ機能のところの…

アップルが唱える、「iPhoneがほかと違う理由」とは 3

この生き物がすごく個人的に気になります。か、仮面ライ……(もごもご)。

source: アップル

(小暮ひさのり)