LOL(笑)はもう古い

LOL(笑)はもう古い 1

おじさんしか使わないみたい。

みなさんもよくメールで「(笑)」って使いますよね。それ、英語圏では「LOL」っていうのが一般的でした。「Laugh out Loud」の頭文字を取ったもので、直訳すると「声を出して笑う」、爆笑みたいな意味合いでしょうか。しかし、Facebookのデータによると、LOLはもう古いみたいなんです。

LOL(笑)はもう古い 2

Facebookがユーザーが笑う時にどのように表現するかを調べたレポートによると、「LOL」を使ったのはわずか1.9%で、普通に「haha」という人が51.4%、絵文字が33.7%、「hehe」が13.1%だったようです。さらに、ユーザーの平均年齢は、絵文字を使う人は10代、20代の若者中心で、LOLに至っては40代のユーザーが占める割合が高いことがわかりました。

さらにさらに、絵文字はニューヨーカーやシカゴの人たちが好んで使っていて、「haha」はシアトルやサンフランシスコ、「LOL」を使う人はテキサス、フロリダ、アラスカに集中しているというデータもありました。えーっと、ちょっと田舎のおじさんが使うイメージ?

結論としては、トレンドは絵文字!ってことですね。若者や都会に住む流行に敏感な人たちは、文字でいちいち「LOL」と3文字打つより絵文字ひとつの方がたくさんの感情を表現できるしかわいいじゃんってことに気づきはじめたのかもしれません。

みなさんも、英語圏の友達に「(笑)」って送りたいときはくれぐれもLOLって使っちゃダメですよ。それもう古いですから!

source: Vanity Fair via Facebook

(前田真希子)