メジャーリーグ、なんだかんだでApple Watch着用アリに

2015.08.21 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150821mlb_applewatch.jpg


ダメじゃないよ。

先日、カンザスシティ・ロイヤルズのネッド・ヨスト監督が、試合中のベンチでApple Watchを見につけていたことが問題となり、使用をやめるよう求められたという報道がありました。が、実は禁止ということではなかったのです。

メジャーリーグ(MLB)では、選手や監督が試合中に電子機器を持ち込むことを禁止しています。そこで、今回のヨスト監督のケースも問題にあがったのですが、禁止したわけではなく、あれは使用方法を確認しただけだったとのこと。つまり、Apple Watchを持ち込んでデータを採取していたり、誰かとコミュニケーションをとったりしていなければ、使用はOKだということです。ヨスト監督自身も「iPhoneがなければ、ただの時計」だとコメントしているとおり、彼は時計として使っていたわけです。もちろん、iPhoneはベンチに持ち込めませんしね。

しかし、この秋のOSアップデートで、ネイティブアプリの登場やWi-Fiの拡張がくれば、そうは言ってられません。現在のところ、アップデート時にどうする予定なのかMLBからのコメントはなし。

スマートフォンだろうが、Apple Watchだろうが、結局は使用方法が問題なわけです。スマートフォンだって、時間みるだけならば問題ないわけで。しかし、使用方法を全員常にチェックしてはいられないので、電子機器全面禁止となっているわけです。やはり、今後なんだかんだでApple Watch禁止となるのではないでしょうかね。


image by Twitter
source: appleinsider

(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア