NASAが宇宙飛行士用のスマートウォッチアプリを公募

NASAが宇宙飛行士用のスマートウォッチアプリを公募 1

締め切りは9月9日(米国時間)です。

宇宙飛行士用の時計として有名なのは、1969年にアポロ11号が月面着陸したときにも使われていた、オメガの「スピードマスター・クロノグラフ」。当時の最先端のテクノロジーで作られた時計で、2014年夏には着陸45周年を記念したモデルが発売されました。

時代は変わって、NASAはスマートウォッチを導入する準備を進めています。さすがに独自のハードウェアまでは作らないようですが、宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで使うためのスマートウォッチ用のアプリを募集しています。

概要はFreelancerに掲載されています。企業コンペではなく公募なので、誰でも応募できますよ。賞金は1,500ドル(18万6000円)と、はっきり言ってそんなに多くないんですが、採用されれば一生自慢できるかも?

提出が必要なのは、アプリケーションのユーザーインターフェイスを説明した画像ファイルで、完成したアプリは必要はありません。求められる機能は、宇宙飛行士が効率的で安全に仕事をするためのもの。通信状態や安全の確認、タスク管理など、これまでタブレットやノートパソコンでしていたことを、スマートウォッチでもできるようにしたいとのことです。

テスト用に指定されているハードウェアはサムスンのGear 2なので、どうやらNASAはAndroidのスマートウォッチを採用するつもりのようですね。

Image by iurii / shutterstock

source: Freelancer via Bloomberg

(高橋ミレイ)