アッツアツに熱したニッケル球、破壊不能なNokia 3310に挑む

クレヨンスポンジはちみつチョコレートアイスホッケーパック…これまで様々なものを溶かしたり燃やしたりしてきたアッツアツのニッケル球。でも「地面に落としたら地面が割れた」、「滅びの山オロドルイン火口に投げ入れないと壊せない」なんていうミームで知られる破壊不能携帯こと「Nokia 3310」の上に熱いニッケル球をおいたらどうなるでしょう?

いくら硬くて強い伝説のNokia 3310でも、熱したニッケル球には敵わなかったよう。画面もキーボードもバックパネルも火がついて溶けていきます。哀れNokia 3310は黒こげの塊と化しちゃいました。電話をかけるのは無理そうな姿になりながらも、焼けただれたプラスチックの外装を取ってみれば中の基盤は綺麗な姿を保っているのはさすがです。スレッジハンマーで殴っても内部が壊れない強靭な外装を持っているだけありますね。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(abcxyz)