最強伝説Opera、実は身売りを検討していた

最強伝説Opera、実は身売りを検討していた 1

最強伝説よ、永遠に。

Operaブラウザ、それは孤高の存在。IEが標準ブラウザの地位に胡座をかき、ChromeやFirefoxが拡張競争に勤しむ中で、常にオンリーワンの存在感で私達を魅了し続けてきました。

しかし世の中は無情です。同社は下方修正した決算予想を発表したのと同時に、自社の身売りを検討していることを明かしました。おお、以前はChrome、Firefoxに続く乗り換えブラウザで人気を誇ったOperaが、とうとうここまで追い込まれてしまいましたか…。

同社の不振の理由は、モバイル向け広告ビジネスがうまくいかない事にあります。同社の主力ビジネスはブラウザよりも、モバイル向け広告だったんですね。今後はABG Sundal Collierやモルガン・スタンレー・インターナショナルと一緒に、戦略の立て直しを行なうとしています。

またiOS 9からはモバイル広告のブロック機能が搭載されたり、最近リリースされたWindows 10では以前の設定にかかわらず、デフォルトブラウザがEdgeに設定されていたりと、Operaを取り囲む状況はますます厳しくなっています。

会社の売却後にOperaブラウザがどのようになるのかは現時点ではわかりません。しかしシェア争いに勤しまず、孤高の存在であるOperaの独自の立ち位置は、今後も続いてほしいものです。

image by Gil C / shutterstock.com

source: PC World

(塚本直樹)