旨味たっぷりほろほろ煮込み鴨肉がはいったバーガーできました

何の肉好きですか?私は鴨肉が大好きです。

鴨肉って鶏肉の上位互換ソフトですよね。同じ料理でも鴨肉の方が脂がのってて風味も強いし、鶏肉より旨味があって、食べると舌がうひゃひゃひゃって喜んでるのが分かります。

このハンバーガー、そもそもパテが鴨肉なんですけど、そこにさらによっこらしょって鴨肉のコンフィをたらふくのせてるんです。コンフィって低温の油でじっくり煮込むというフランスの調理法らしいんですけど、肉がほろほろとよく煮込めていて、かつ旨味がしっかり染み込んだ仕上がりになるっていう、要するに肉の仕上がり番付でいうと横綱なわけです。

鴨肉のパテにさらに鴨肉のコンフィ(高砂部屋)をのせて、そこに赤キャベツのピクルスグリュイエール・チーズが合わさるわけです。赤キャベツと早口言葉チーズが出てくるとただのおしゃれ料理?と思っちゃった方もいるかもしれませんが、いえいえいえそんなことありません。ソースはなんとホイシンソース(海鮮醤)なんです。

アメリカ(ハンバーガー)、フランス(コンフィ)ときてソースでアジアをぶっこむ。このセンスは完全にスクリーン越しに我々の舌にケンカを売っています。ゆ、ゆるせませぇん!

あ、あと隠し味にオレンジ・ママレードがちょっと入って甘くてちょっぴり苦い日曜朝8時30分の初恋の味の覚悟が必要ですね。

こちらのYouTubeビデオで出来上がるまでが見られます。観る方は何らかの肉を手元に確保してから、ご覧になると良いかと思います。

source: COOK WITH ME.AT

Casey Chan - SPLOID[原文

(塚本 紺)