突然、勝手にグーグルのアカウントが消えるとの苦情が続発中…

150101Gmail.jpg

あなたは大丈夫?

単に検索のみならず、日々の重要なメールから連絡先、スケジュール管理、地図でのナビゲーションにいたるまで、グーグルの提供サービスに頼りっきりというユーザーは少なくないでしょう。とりわけAndroidスマートフォンユーザーであれば、そもそもグーグルのアカウントなしでは基本的に利用できませんものね……。

ところが、その大切で欠かせない存在のグーグルアカウントが、事前の警告なしに勝手に削除されてしまったとの書き込みが、このところ海外で目立っているようですよ。主に長期間におよぶアカウントへの未アクセスが原因との見方もあります。

いずれのケースも、突然ある日、グーグルから「利用規約に違反したのでアカウントを削除しました」とのメッセージが、予備のメールアドレスに届いて事態に気づくというポイントが共通しています。

なお、グーグルからのメッセージには、利用規約への違反との文字が躍るものの、具体的にはどのような違反があったのかに関する説明は一切ないとのことですね。おまけに、状況によっては、削除されてしまったアカウントを復元できるとの手順は示されているものの、実際に復元に成功できた例はゼロに近いんだとか。

ちなみに、今回はGmailのサポートフォーラムなどへ、突然のアカウント削除について問い合わせる書き込みが殺到して問題が明るみになっています。しかしながら、自分では大丈夫だと思っていた行為(実際は児童ポルノに該当してしまう写真のアップロードなど)でグーグルのアカウントを削除されてしまうことは、意外に日本国内でも相次いでいたりするようですよ。

そこで、グーグルは「Google Takeout」というバックアップサービスを提供中。アカウントの標準サービスとして、GmailからGoogleカレンダーまで、すべてZIP形式でデータをローカルにダウンロードできるようになっています。とりわけメインには使っていないアカウントは、うっかり長期間にわたってアクセスしておらず、いつの間にか消されてしまったという場合にも備えて、日ごろからバックアップを取っておくのも重要かもしれませんよね。

source: Android Police

(湯木進悟)