描いた魚が動き出す! デジタルな水族館が海なし群馬で開催中

150803suk00.JPG

テックとアソビが融合しています。

現在、群馬県高崎市にある「スズラン百貨店高崎店」にて、ちょっとふしぎな水族館が開催されています。

海なしの群馬県、その老舗デパートの地下に誕生した水族館は、自分で海の生物を描いて泳がせることができる、最新のデジタルテクノロジーを使った「お絵かき水族館」でした。

150803suk01.JPG

用意されたいくつかの海の生物のお絵かき用紙に、クレヨンで自由にお絵かきしていきます。

150803suk02.JPG

それをスキャナーで読み込むと。壁面に投影された巨大水槽の中に出現! ただ漂うだけでなく、伸びたり縮んだして泳いだり、触ると逃げたりもするんですよ。リアリティ!

それだけではありません。他にもさまざまなデジタルテクノロジーを使った知育なアトラクションが用意されています。たとえば、

150803suk03.JPG

こちらは投影された水の上を、リズミカルにケンケンパする「天才ケンケンパ」。◯△□の上に上手く乗れると音や映像が変化します。

150803suk04.JPG

転がすと色が変わったり音が変わる不思議なボールをつかった「光のボールでオーケストラ」。弾力性のあるボールなので、ちびっ子でも安心ですよ。

150803suk05.JPG

宙に浮かんだ大きなボールは全てのボールと連動しています。大きなボールを叩くと空間全体の色が変わるというギミックも。どうやって通信しているのでしょう? その仕組みも気になります。

150803suk06.JPG

テーブルに小人や雲や雨や太陽などをマッピング。それら映像と、コップやお皿など、実際の物を使って触れ合うことができる「小人が住まうテーブル」

150803suk07.JPG

ヒラヒラと落ちてくる象形文字にタッチすると、文字から物語が作られる「まだ かみさまが いたるところに いたころの ものがたり」。など、「お絵かき水族館」のみならず合計5つのアトラクションを楽しむことができますよ。

イベント名は「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」。さまざまアート・プロダクト・アトラクションを生み出してきたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」が贈る現時代のテックアトラクションです。

今回、僕は2歳8ヶ月の娘と遊びに行ったのですが、娘はこれまで見たことがない世界に大はしゃぎ。自分の起こしたアクションによって、空間に変化が起こる。という最新テクノロジーによる表現を体全体で楽しんでいました。うんうん、これは良い知育になりそうです。

学びとデジタルテクノロジーとアソビが融合した「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- in高崎」は上毛新聞社の主催で群馬県高崎市「スズラン百貨店高崎店」で開催中。開催期間は2015年7月31日(金)〜8月17日(月)となっており、休業日は8月4日(火)・8月11日(火)。入場料金はおとな(中学生以上)1,200円、こども(小学生以下)600円、2歳以下無料となっています。

この夏休みは、デジタル技術を駆使した知育アトラクションをちびっ子と共に楽しんでみてはいかがでしょうか。

※映像はほかの場所で開催されたときのものです。

source: チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- in高崎

(小暮ひさのり)