2万頭いるはずが33頭になってた…ゾウを守るプロジェクトが進行中

2万頭いるはずが33頭になってた…ゾウを守るプロジェクトが進行中 1

やっぱりゾウさんはかわいい。

トラ、ライオン、ゾウなどの動物に共通することのひとつ。それは絶滅の危機にさらされていることなんです。たとえば、象牙を取るために数百ものアフリカゾウが毎日殺されています。そんなゾウさんたちを救うために、飛行機によるマッピングプロジェクト「Great Elephant Censusが進行中です。

40年以上ものあいだ、アフリカでは統一的なゾウの頭数調査は行なわれてきませんでした。つまり、いったい何頭のゾウがいるのかを具体的な数値では把握できていなかったんです。そこで2014年の2月にはじまったのが「「Great Elephant Census」です。2年間かけてアフリカを飛行機でまわり、最新のゾウの頭数を正確に調査する予定とのこと。このプロジェクトによって政府や研究者が、ゾウの密猟の実態について、もっと詳しく知ることができると期待されています。

PBSは、研究者の1日を紹介しています。研究者は機材を積んだ飛行機に乗って、一定の高度で写真を撮影。飛行機の側面にあるGPS搭載カメラで、隠れたゾウさんもしっかりチェックできます。

ちょうど数カ月前に調査の半分が完了。ここまで11カ国10万マイル(およそ16万km)を超える距離を飛び回ってきました。

2万頭いるはずが33頭になってた…ゾウを守るプロジェクトが進行中 2

このプロジェクトのおかげで、すでにさまざまな新しい事実が発見されています。たとえば、2013年には「2万頭のゾウがいますよ!」と宣伝していた公園に、実際は33頭のゾウしかおらず55頭が亡くなっていたことが明らかに。

もちろん、嬉しいニュースも届いています。なんと、ボツワナ、ガボン、ナミビア、ウガンダの4カ国では、ゾウの数が増えていることが判明。また、政府の取り組みや政治の安定が、ゾウを守るうえで重要なファクターであることも調査からわかりました。New Scientistによると、ウガンダでは内戦が起きていた90年代に比べて6%も頭数が増加していたとのこと。

2万頭いるはずが33頭になってた…ゾウを守るプロジェクトが進行中 3

2万頭いるはずが33頭になってた…ゾウを守るプロジェクトが進行中 4

こういったプロジェクトで収集したデータは、今の人間だけでなく未来の人間にも大いに役立つはず。データからどんな新しい発見がなされるのか、今からわくわくです。そしてもう一度言いますが、ゾウさんはかわいいです。

images via Great Elephant Census

source: Great Elephant Census via New Scientist

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文

(Haruka Mukai)