火事と戦うってどんな感じ? 消防士視点の動画で体験しよう

消防士ほど勇気が必要とされる仕事はそうそうありません。燃えさかる炎の中に走っていき、自らを危険にさらしながら消火活動にあたるには、内なる恐怖と戦わなくてはいけません。消防士たちが消火活動を行なう様子を一人称視点から撮影した動画で、彼らの仕事を疑似体験してみましょう。

動画をアップしているサンバーナーディーノ郡消防署はこう記しています。

ヴィクターヴィル、15800 La Paz Driveで発生した構造火災の通報を受け、ヴィクターヴィル市の消防士たちが対応しました。サンバーナーディーノ郡消防署の消防団が到着したときには、1階建て住居と、隣接するもう一軒に引火していました。消防士たちは放水と垂直換気によって消火を行ない、30分で火を消し止めました。住民は消防団到着の前に外に出たとの説明がありましたが、消防士たちは内部を探索し、誰も中にいないことを確認しています。探索中に大型の犬が1匹発見され、飼い主のもとに戻されました。合計大人3人、子供4人がこの火災のために住む場所を失い、仮住まいや衣類、医療面の補助などの手配のために赤十字が呼ばれました。出火原因と火元は現在サンバーナーディーノ郡火災調査官たちによって調査中です。

消防車隊が5団、消防はしご車隊が1団、そして消防指令長がこの火災に対応しました。損害は15万ドル(*)と見積もられています。

*約1870万円、動画では損害見積もりがもうちょっと高い20万ドル、約2490万円となっています。

動画では消防士たちが屋根にチェーンソーで穴をあけて垂直換気を行なう様子(これにより熱と煙を建物の外に逃がして建物内部の探索が安全に行ないやすくなる)や、室内を探索する様子を見ることができます。

マスクを通じて聞こえる息遣い、煙で手元が見えない中、足元から炎が噴き出る中での作業の様子は見ているだけでも緊張しますね。皆さんくれぐれも火の元、火の始末には注意して、消防士たちが活躍するようなことのないようにしてくださいね。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(abcxyz)