土星の環を側面から見てみると大きすぎてよくわからない

土星の環を側面から見てみると大きすぎてよくわからない 1

ほそっ!こんな細いの?

上の写真は土星の2つの衛星、ミマス(右側)とディオネ(左側)を撮ったものです。そしてなんだこの線?って思ったかもしれませんが、これ土星の環なんです

これは土星を63万4000マイル(約100万キロ)の距離、そして土星の環から1度以下という角度で撮られたものです。2つの衛星が光を浴びているのにもかかわらず、土星の環の横は完全に光が当たっていないように見えます。衛星は後ろの巨大な惑星をじっと見つめているかのよう。もっと大きい写真で見ればスケールがよくわかると思うかもしれませんが、実際には土星が大きすぎるので、大きな写真で見てもあんまり差は出ないんですね。

土星の環を側面から見てみると大きすぎてよくわからない 2

source: NASA

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(リョウコ)