衛星ミマスとディオネ、母である巨大な土星を背景に撮影

衛星ミマスとディオネ、母である巨大な土星を背景に撮影 1

地球にとっての月のように、土星にも同じような存在があります。

探査機カッシーニがとらえたこの画像には、土星の衛星ミマス(画像右)とディオネ(左)が写っています。土星にはたくさんの衛星がありますが、その中でもこの2つは比較的大きな方。

地球の衛星である月(直径3474キロ)と比べると小さいのですが、ミマスは直径240マイル(約386キロ)、ディオネは698マイル(約1123キロ)もあります。黒からグレーのグラデーションに見える背景、これは土星です。土星とその衛星の大きさの違いを、まじまじと見せつけるような画像ですね。

2つの衛星の間を走る線、これは土星の輪っか。ほぼ水平の位置から画像がとられているので、まるで水平線のように見えます。

衛星ミマスとディオネ、母である巨大な土星を背景に撮影 2

source: NASA

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(そうこ)