自分のミュージック・ビデオが簡単に撮れるアプリ

こりゃ早くやったもん勝ちっすね!

ヒット曲のミュージック・ビデオを観ながら「あー自分ならもっと上手く作れるのになー」と思ったこと、ありませんか? いや、一度くらいありますよねきっと。iOSアプリ「Triller」を使えば、ソーシャルメディアで皆さん自分のフォロワーが思わず歯ぎしりするようなミュージック・ビデオが、なんの編集スキルも必要なくかんたんに作れちゃいます。

Trillerでは、アプリ内にあるFeatured(注目)曲のライブラリや自分の音楽コレクションから任意の曲の一部または全体を選ぶことができます。次に、その音源クリップ全体の長さで、複数テイクの映像を撮影してみましょう。テイク数は、自分が思いつく限りの場所で好きなだけ撮影できます。また、14種類のフィルターでそれぞれの動画をカスタマイズするのもOK。

自分のミュージック・ビデオが簡単に撮れるアプリ 1

満足のいく素材が揃ったら、今度は動画編集のプロがミュージック・ビデオをカットするやり方を再現したアルゴリズムにそって、アプリが各テイクを自動的に編集してくれます。このときTrillerは、撮影シーンのアクションやカメラ自体がどう動いているか、それぞれの撮影シーンに人の顔がいくつ映っているかを見ながら編集判断をしています。そしていったんすべてを小さなクリップに切り分けたあと、最初選んだ曲と完璧に同期をとっていきます。

人気アーティストや自分の好きなアーティストになりきって、自分バージョンのミュージック・ビデオをソーシャルメディア経由で共有する。こ、これは夢広がりまくりですぞ!

Instagramのタイムラインにテイラー・スウィフトの「Shake It Off」や自分の好きな曲のミュージックが何百バージョンも並ぶ日も近いかもしれません。ぜひ今から研究してみてはいかがでしょうか。オリジナル曲を超える作品が出てくるかどうかは未知数ですが、才能あふれるネット住人ならもしかして…!?

source: Triller via iTunes App Store via Mashable

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rumi)