レコードもカセットもデジタルに。シックな一体型オーディオ

レコードもカセットもデジタルに。シックな一体型オーディオ 1

エアチェックという言葉にピンときたら!

TEACが発売する「LP-R550USB プレステージ」は、レコードプレーヤー、カセットプレーヤー、ラジオチューナー、CDレコーダーが一体化となったオーディオシステムです。

レコードやカセットのアナログ音源を簡単にCD-R/RWへ録音可能。また、トラック番号を自動的に付加することも可能。なかなか賢いですね。

USB端子も搭載されているので、パソコンと接続することでレコード、カセット、CDの音源をパソコンに録音することも可能です。

ちなみにカセットプレーヤー、クロームテープにも対応していますよ!

40代以上の方は、レコードやカセットで音楽を楽しんだことでしょう。FMラジオを録音したカセットテープや、レコードを大量に所有しているけれども、再生する機器がなくて押入れの奥にしまいっぱなしという場合、このようなプレーヤーでデジタル化すれば、あの頃が蘇りますね。

しかも、3.5W+3.5Wのステレオアンプと、バスレフ方式のステレオスピーカーを内蔵。しっかりとした低音と広がりのある音質を実現しています。

発売は9月30日の予定。価格は6万2,000円(税抜)となっています。

レコードは保管状態が悪いと曲がってしまったりしますし、カセットテープも劣化してしまいます。早急にデジタル化しておくのがオススメですよ。

source: TEAC

(三浦一紀)