自動車メーカーが一致団結、ハッカーに対抗するため

自動車メーカーが一致団結、ハッカーに対抗するため 1

不倫サイトのハッキングも恐ろしいけど、車のハッキングも恐ろしい。

近年、自動車のハッキングはより深刻なものとなってきています。ハッキングのデモや、その可能性を指摘する声があちこちであがっています。今まで単独だった自動車が、あらゆるものと連携できるようになって便利になる反面、ハッキングの危険は高まってきています。大きな事故が起きる前になんとかしなくては…。そこで大手自動車メーカーが力を合わせ、ハッキング対策に乗り出すことにしました。

アメリカ自動車製造者同盟と非営利団体Association of Global Automakersを通じて、フォードやGM、トヨタなどの大手自動車メーカーが、Information Sharing and Analysis Centerを設立することが報じられました。その名のとおり、様々なデータを共有し解析することで、自社だけでなく自動車業界全体のセキュリティに力をいれていきます。センターは、今年の年末までには始動する予定。

空飛ぶ車や自動運転車以前に、まずはハッカーに負けない車。それが現実的な未来の車だ!

image by Faberr Ink/Shutterstock

source: Time

(そうこ)