あなたは大丈夫? Androidのロックパターンは予測しやすいことが判明

あなたは大丈夫? Androidのロックパターンは予測しやすいことが判明 1

簡単に破られてしまうかも。

オリジナリティのある高度なパスワードを考えだすのは難しいもの。世界的に人気のある=危ないパスワードって「Password」とか「1234」とか、もーのすごく簡単でシンプルですもの。じゃぁ、Android端末で採用されているロックパターンならばどうでしょうと思いきや、こちらも同じ。多くの人が使うあるあるロックパターンというものがあります。

最少4つ最大で9つの丸を使って作るAndroidのロックパターンは、約40万通りもの組み合わせがあります。これだけ多ければかぶらないだろうと思いますが、甘い。ノルウェー科学技術大学のMartle Løge氏が4000個のロックパターンを卒業論文のために解析。すると、そこにあるあるパターンが見えてきました。まず、77%のロックパターンが4つ角のどれかから始まります、さらに44%のロックパターンは左上から始まります。動きで多いのは、左から右、上から下のもの。パターンに使う丸の数は、多くの人が4つ。たった4つだと、組み合わせの数も激減しますね。

人気がないのは、進む方向があれこれ変わるもの。例えば下の画像の右2つは人気がないパターン、つまり複雑で簡単には解除されない優秀なロックということになります。

あなたは大丈夫? Androidのロックパターンは予測しやすいことが判明 2

パスワードで「1234」といった非常に安易なものを使ってしまう人が多い一方で、ロックパターンも結局は同じこと。パスワードの解決策がロックパターンとはならないわけです。今回、Løge氏が調べたロックパターンのうち10%は、アルファベットの1文字を表すものであり、そのアルファベットはユーザーの名前のイニシャルが多かったといいます。…安易ですね。

ロックパターンをハックされないためには、面倒くさい複雑な動きが必要なのです。右に左に上に下に、何かを描こうとせず、4つじゃなくて9つ全部使うわけのわからないパターンが好ましいのです。ただ、それを忘れてしまうようでもダメなのよね。

source: Ars Technica

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(そうこ)