グーグルの自動運転車の思わぬ課題。自転車をうまく認識できず

150829_googlecar.jpg

あの技は盲点だったようです。

人間の脳にとって、周りの車や歩行者、そして自転車がどんな風に動くかを予測するのは比較的簡単なことです。しかし、それをコンピューターがやろうとすると、すべての行動パターンをプログラムしてあげないといけません。最近、グーグルの自動運転車の新たな課題として見つかったのは、固定ギア独特のテクニックである立ったまま止まる自転車トラックスタンドとか、スタンドスティルとか呼ばれてるあの状態なんだそうです。

ワシントン・ポストが報じたところによると、グーグルが米テキサス州オースティンで7月に行った自動運転車の検証中に、この問題がわかったとのこと。あるサイクリストの男性が、4方向とも停止しなければいけない交差点でグーグルの自動運転車とばったり。この自転車が固定ギアだったかどうかは語られていませんが、男性は停止の標識に従い、自動運転車が通り過ぎるのを待つために、立ったままその場に停止しました。その時の様子を、男性はこんな風に説明しています。

自動運転車は僕の存在を感知して(ちなみに車はGo-Proに覆われてた)そのまま数秒間、停止。その後、車は動き出しけど、こっちは立ったまま止まるために、1インチだけ前に自転車を進めたところ、突然車が止まったんだ。

こっちはそのまま立ち続け、停止したままでいた。そしたら車がもう一度動き始めたから、自転車のバランスを保ちながら停止。また車は突然止まった。

こんなダンスみたいなやりとりを2分間まるまる続けたんだけど、結局、車は交差点の中間を通り過ぎることができなかった。車に乗っていた2人は、笑いながらラップトップに何やら打ち込んでたよ。思うに、こういう状況でどうすればいいか車に教えるために、コードの一部を書き換えていたんだろうなあ。

こんな一悶着があったわけだけど、それでも僕は自動運転車の方が人間の運転する車より安全だと思ったんだから、おかしいよね。

なるほど。グーグルの自動運転車は人や車、自転車が動いているときに、自動的に止まります。一方で自転車が立ったまま止まるトラックスタンドは、乗り手がバランスを取るためにわずかにペダルを動かしているので(こんなかんじ)、コンピューターにとっては検知するのが難しい、微妙な人間の動きなんですね。

今回のできごとで、どうやってグーグルが路上で起きうる予想できない行動を自動運転車に教え込んでいるかもちょっとわかりましたね。今年のGoogle I/OでGoogle Xの責任者、Astro Teller氏が明かしたところによると、無数の予期しないハプニングを再現しなければいけないところが自動運転車の検証の大きな課題なんだそうです。例えば、車が走っているところにビーチボールを投げてみたり、鳥が攻撃したり急降下してきたり、人が道路の真ん中でバッグの中身をひっくり返しちゃったり…というような状況も検証されています。

大変そうな検証ですが、今回の自転車との遭遇で、またひとつ自動運転車が賢くなったかもしれません。

source: The Washington Post

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(conejo)