高級電気自動車はテスラだけのものじゃない。次はアストンマーチンだ!

高級電気自動車はテスラだけのものじゃない。次はアストンマーチンだ! 1

大英帝国の誇り。

ボンドカーでもお馴染み、アストンマーチン。その歴史ある英国の自動車メーカーが、テスラ対抗となる電気自動車「Rapide」の開発に乗り出すと報道されているんです。

Automotive Newsの報道によると、このアストンマーチンRapideのプライスタグは20万ドル~25万ドル(約2,500万円~約3,100万円)とかなーり高級路線。Model Sを57,500ドル(約710万円)から販売するテスラとはだいぶ様子が違います。

ただし、スペックはその価格を裏切らないもの。4ドアの4輪モーター駆動で800馬力を叩き出します。テスラの最上位モデルP85Dや今後登場するP90Dの700~770馬力をさらに上回るパワーで、圧倒的な加速を味わえそうですね。走行可能距離は200マイル(約332km)。まぁ十分と言っていいでしょう。

アストンマーチンはすでにRapideのテストを開始しており、市販車は約2年後に登場する予定です。ちょっとこの価格帯の車を買う未来は想像できませんが、高級車ブランドらしい夢を感じさせてくれる電気自動車になりそうですよ。

source: Forbes

(塚本直樹)