これが無人機!? 世界最大の水陸両用UAV、ふわっと大空を初飛行

これが無人機!? 世界最大の水陸両用UAV、ふわっと大空を初飛行 1

超巨大ラジコン?

最近軍事目的など、物騒な話題の多いUAV(無人飛行機)。でも、本当はただ自由に空を飛び回りたい…そんな目的で発明されたはずです。

Singular Aircraftが開発したFlyox Iは、世界最大の水陸両用UAV。その特徴はあらゆる地点から離陸・着陸できること。動画を見ても、離陸は乾いた地面から、着陸は非常に濡れた場所で行われています。紅の豚みたいに、水面からの離陸とかはできるのかな?

また機体やメンテナンスのコストも安く、様々な分野で初期費用を抑えて安く運用できます。世界最大で価格もお求めやすい…となれば、導入待ったなしなんじゃないでしょうか。

Flyox Iは監視用・消火用・運送用・農業用の4つのタイプにカスタマイズが可能。搭載可能重量は1,850Kg、航続距離は8,500kmで、監視モードなら50時間も飛び回れます。

ドローンもいいけど、こんなUAVでお空をのんびり散歩してみたいものですね。

source: Singular Aircraft

(塚本直樹)