次はWindows Phone祭りだ…エイサーから一挙に4機種投入予定

次はWindows Phone祭りだ…エイサーから一挙に4機種投入予定 1

今度こそ日本にもブームがやってくるか?

この1週間は正式提供が開始された「Windows 10」の話題で持ちきりでした。順調にいけば、Windows 7や8.1からの無料アップグレードのおかげで、Windows 10ユーザーが急速に増えていきそうな勢いですよね。そして、次にマイクロソフトが狙っているのは……。

もはやスマートフォン業界は、iPhone陣営かAndroidスマートフォン陣営に二分されているといってもよい状況が続いています。でも、第三勢力としてWindows Phoneに期待する動きもあったはず。Windows 10で、デスクトップOSとモバイルOSの垣根を取り去ろうとしているマイクロソフトは、いまWindows Phoneによる大攻勢を画策しているようですよ。

すでにLumiaシリーズの自社製品のほかに、各メーカーから続々と対応モデルの投入が期待されています。例えば、エイサーからは、一挙に4機種が登場予定! 来月にドイツのベルリンで開催される「IFA 2015」におきまして、低価格モデルを中心とした新製品の正式発表が行なわれるとのリーク情報が流れていますね。

今春にエイサーは、同社初のWindows Phoneとなる「Liquid M220」を発売。4インチディスプレイのコンパクトモデルが、日本円にして1万円を切る79.99ドル(約9,900円)にて販売中です。Liquid M220は、Windows Phone 8.1からWindows 10 Mobileへの無料アップグレード対象ですが、最初からWindows 10を搭載する新たな低価格モデルの投入が予定されているそうですよ。

日本国内でも、すでにマウスコンピューターから、Windows Phone 8.1を搭載する「MADOSMA」が発売されており、一部のユーザーから熱い支持を得ているみたいです。とはいえ、もっとWindows Phoneの選択肢が広がってほしいのはいうまでもありませんね。SIMロックフリーで格安スマホのWindows Phoneが、Windows 10対応で次々と上陸してくる展開を楽しみにしたいところです。

Image by Acer Store

source: TweakTown

(湯木進悟)