タイムカプセルから121年前のウィスキーが発見される

    タイムカプセルから121年前のウィスキーが発見される 1

    12年もの、18年もの、いいえ121年ものです。

    スコットランドで橋の工事をしていた作業員たちが発見したもの、それはなんと1894年に埋められたタイムカプセルでした。カプセルの中にはウィスキーのボトルと思われる物も入っていたそうですが、ここである疑問が頭をよぎるわけです。「そのウィスキー、飲めるのかな?」 

    タイムカプセルは錆びついた金属製の箱で、キンガスジーという町の郊外にある、ラスベン・ロード橋にある柱石の中から発見されました。その中からは、当時の新聞紙や巻子装といった、いかにもタイムカプセルに入っているであろうアイテムも見つかったのですが、まさかウィスキーも入っていたとは…こりゃ、予想外でした。

    「ここに埋められてからの変化には目を見張るものがある」と語るのはラスベン・ロード橋の現場で働く作業員Robert Ogg氏。「その当時は馬でこの橋を渡っていたと思うと、時の流れが感慨深いですね」とBBCに話しています。

    ワインと違い、ウィスキーは瓶に詰められてから熟成するわけではありません。例えば18年物のザ・グレンリベットのスコッチ・ウィスキーとある場合、18年は琥珀色の液体を樽の中で熟成させた年月を指します。瓶詰めしてからの年月ではありません。

    もし発見されたウィスキーが広義で飲めた代物だとしても、それがおいしいかどうかはまた別の話です。2007年には、100年前のウィスキーが発見されるということがありました。南極遠征に失敗したアーネスト・シャクルトン氏が1907年にロイド岬に破棄していたウィスキーが見つかり、そのうち3本が調査とテイスティングのためにスコットランドに戻ってきたという事例です。科学者たちがサンプルを採取し、その味の再現を試みたところ、それは一般的なスコッチよりもスモーキーな味わいだったそうですよ。

    さて、今回のタイムカプセルとその中身は地元のHighland Folk Museumに寄贈されるとのことですが、ウィスキーをどうするかはまだ未定なんだとか。ウィスキーの味もさることながら、タイムカプセルにウィスキーを入れた人物に興味がわいたのは私だけでしょうか…。

    source: BBC

    Matt Novak - Gizmodo PALEOFUTURE[原文

    (たもり)