過去最高級に選べるドコモの「2015-2016冬春モデル」で、注目のAndroidスマホたち

過去最高級に選べるドコモの「2015-2016冬春モデル」で、注目のAndroidスマホたち 1

世間はiPhone 6sの発売で賑わっていますが、ドコモのスマートフォンだって負けてはいません! 新しく登場した2015-2016年の冬春モデルでは、世界初の4K解像度ディスプレイ搭載モデルから300Mbpsに高速化したPREMIUM 4G対応モデルまで、ライバルに差をつけられるさまざまなスマートフォンが選べるんです。

その他にも生体認証対応、高速オートフォーカス、さらにユニーうなデザインが施されたモデルが揃って「選べるラインナップ」が盛りだくさん。それでは、注目機種を見ていきましょう!

Xperia Z5 Premium SO-03H

過去最高級に選べるドコモの「2015-2016冬春モデル」で、注目のAndroidスマホたち 2

先陣を切るソニーモバイルのXperia Z5 Premiumは世界初の4Kディスプレイを搭載(3840×2160ドット)。4Kテレビの超高画質な映像と同じ解像度が手のひらに収まるなんて、映像好きには堪らない贅沢! またより色を鮮やかに表現するX-Reality for mobileを搭載するなど、映像美に完全こだわったスマートフォンに仕上がっています。

さらに、Xperia Z5 Premiumはカメラもすごい。背面には2300万画素のカメラを搭載。0.03秒の世界最速オートフォーカスと組み合わせてありとあらゆる場面で高画質な撮影が可能です。前面カメラも510万画素と、高画質な自撮りを楽しめそうですね。

Xperia Z5 Premiumのカラーラインナップはクロームとブラックの2色。発売予定時期は11月下旬。またウィンドウから時間や着信が確認したり、閉じたまま通話もできる純正ケースも登場。カラーはホワイトとブラックの2色です。

OS:Android 5.1

プロセッサ:MSM8994 2.0Ghz+1.5Ghz オクタコア

ディスプレイ:5.5インチ/4K解像度(3840×2160ドット)

RAM容量:3GB

内蔵ストレージ:32GB

カメラ:背面 - 2300万画素、前面 - 510万画素

Wi-Fi:a/b/g/n/ac

PREMIUM 4G:ダウンロード 225Mbps/アップロード 50Mbps

VoLTE:対応

生体認証:指紋認証

防水/防塵:対応

ワンセグ/フルセグ/NOTTV:◯/◯/◯(外付けアンテナが必要)

ハイレゾ:対応

バッテリー容量:3,430mAh(取り外し不可)

Xperia Z5 Compact SO-02H

過去最高級に選べるドコモの「2015-2016冬春モデル」で、注目のAndroidスマホたち 3

Xperia Z5 Compactは4.6インチの持ちやすいサイズに使いやすさが凝縮された、注目のスマートフォンです。なにせこのサイズでプロセッサやカメラのスペックがXperia Z5 Premiumと同じというのがすごいですね! アプリもさくさく動きますし、写真も綺麗に撮れます。

またUSB端子やイヤホンジャックはキャップレス防水。フロントにはデュアルスピーカーを搭載、さらにBluetoothでハイレゾ相当の音源をイヤホンに送ったり、普通の音源をハイレゾ相当に変換したり、ノイズキャンセリングに対応したりと、ソニーのオーディオ技術が詰まった音楽好きにはたまらない1台ですよ!

Xperia Z5 Compactはイエロー/グラファイトブラック/ホワイト/コーラルの4色で、発売予定時期は11月中旬。

OS:Android 5.1

プロセッサ:MSM8994 2.0Ghz+1.5Ghz オクタコア

ディスプレイ:4.6インチ/HD解像度(1280×720ドット)

RAM容量:2GB

内蔵ストレージ:32GB

カメラ:背面 - 2300万画素、前面 - 510万画素

Wi-Fi:a/b/g/n/ac

PREMIUM 4G:ダウンロード 225Mbps/アップロード 50Mbps

VoLTE:対応

生体認証:指紋認証

防水/防塵:対応

ワンセグ/フルセグ/NOTTV:◯/ー/ー(外付けアンテナが必要)

ハイレゾ:対応

バッテリー容量:2,700mAh(取り外し不可)

AQUOS ZETA SH-01H

過去最高級に選べるドコモの「2015-2016冬春モデル」で、注目のAndroidスマホたち 4

シャープのAQUOS ZETAは最高通信速度がこれまでの225Mbpsから300Mbpsに高速化したPREMIUM 4Gに対応したハイエンドモデル。アルミフレームにガラスという美しいデザインで、おしゃれにかっこ良く使いまわしたい端末です。

まずはシャープのスマートフォンでお馴染みのIGZOディスプレイ。今回のモデルも120Hz倍速駆動のハイスピードIGZOを搭載、スピードの速いスポーツを見る時でも残像感なく楽しめます。またIGZOは省電力性能にも貢献しているそうですよ。

スマートフォンを持つだけで画面がオンになったり、着信時の音量を下げられるグリップマジックなんて小技も搭載されいてます。カメラは背面が高速オートフォーカス対応に加えてフロントカメラが800万画素の広角撮影に。iPhone 6の背面カメラだって800万画素なのに、同じ画素数のカメラで自撮りができるなんて驚きですね。

AQUOS ZETAはブルー/ブラック/マゼンダの3色で、発売予定時期は11月上旬。

OS:Android 5.1

プロセッサ:MSM8992 1.8Ghz+1.4Ghz ヘキサコア

ディスプレイ:5.3インチ/フルHD解像度(1920×1080ドット)

RAM容量:3GB

内蔵ストレージ:32GB

カメラ:背面 - 1310万画素、前面 - 800万画素

Wi-Fi:a/b/g/n/ac

PREMIUM 4G:ダウンロード 300Mbps/アップロード 50Mbps

VoLTE:対応

生体認証:指紋認証

防水/防塵:対応

ワンセグ/フルセグ/NOTTV:◯/◯/◯(外付けアンテナが必要)

ハイレゾ:対応

バッテリー容量:3,100mAh(取り外し不可)

AQUOS Compact SH-02H

過去最高級に選べるドコモの「2015-2016冬春モデル」で、注目のAndroidスマホたち 5

小さいデザインスマホをお探しの方、お待たせしました。AQUOS Compact SH-02Hは、小さなサイズが美しくも、これしかないデザインを兼ね備えたスマートフォンです。側面と背面のカラーリングが異なるバイカラーデザインや、ニュアンスシートで背面パネルのデザインをカスタムできるなど「人と違うスマートフォンが欲しい!」という人にはピッタリです。

また、本体が小さくなっても120Hz倍速液晶のハイスピードIGZOを搭載していたり、210fps撮影や2100fpsのスーパースロー再生で遊べるなど、スマートフォンでカメラや映像をたっぷり使いたい人にはオススメ。

AQUOS Compactはイエロー×シルバー/ブルー×ブラックの2色で、発売予定時期は12月上旬。

OS:Android 5.1

プロセッサ:MSM8992 1.8Ghz+1.4Ghz ヘキサコア

ディスプレイ:4.7インチ/フルHD解像度(1920×1080ドット)

RAM容量:3GB

内蔵ストレージ:16GB

カメラ:背面 - 1310万画素、前面 - 500万画素

Wi-Fi:a/b/g/n/ac

PREMIUM 4G:非対応

VoLTE:対応

生体認証:非対応

防水/防塵:対応

ワンセグ/フルセグ/NOTTV:◯/ー/ー(外付けアンテナが必要)

ハイレゾ:対応

バッテリー容量:2,810mAh(取り外し不可)

Galaxy Active neo SC-01H

過去最高級に選べるドコモの「2015-2016冬春モデル」で、注目のAndroidスマホたち 6

ドコモ史上最も落下衝撃に強いスマートフォン」の名前は伊達ではありません。Galaxy Active neo SC-01Hは米軍で過酷な環境に環境に耐えられる評価基準MIL規格21項目をクリア。さらに独自の耐久性テスト4項目を通っているほど頑丈で衝撃に強いスマートフォン。落としたり傷をつけたりする使い方でも安心して使える一台です。これまで何度もスマートフォンを落として傷つけてしまった人はチェックすること間違いなし。

そのアクティブさは操作方法にも及んでいます。手袋をつけたまま使えるディスプレイや、撮影した写真に気温や湿度情報を加える「Tagging Shot」を搭載。とにかく外に持ち出したくなるスマートフォンです。さらに、バッテリー消費を抑える「バッテリー温存モード」も搭載し、最後の最後まで遊びつくせます。

Galaxy Active neoはカモホワイト/ソリッドブラックの2色で、発売予定時期は11月上旬。

OS:Android 5.1

プロセッサ:MSM8916 1.2Ghz クアッドコア

ディスプレイ:4.5インチ/WVGA解像度(800×480ドット)

RAM容量:2GB

内蔵ストレージ:16GB

カメラ:背面 - 800万画素、前面 - 200万画素

Wi-Fi:b/g/n

PREMIUM 4G:非対応

VoLTE:対応

生体認証:非対応

防水/防塵:対応

ワンセグ/フルセグ/NOTTV:◯/ー/ー

ハイレゾ:対応

バッテリー容量:2,200mAh(取り外し可能)

2015-2016冬春モデル、キーワードは「選べる」

過去最高級に選べるドコモの「2015-2016冬春モデル」で、注目のAndroidスマホたち 7

発表されたばかりの「Nexus 5X」

ドコモの2015-2016冬春モデルを見ると、それぞれのスマートフォンに特色がうまく割り振られていることがわかります。世界初の4K映像をスマホで楽しみたければXperia Z5 Premiumを、300Mbps通信のPREMIUM 4Gが必要ならAQUOS ZETAや新型モバイルWi-Fiルーターの「Wi-Fi STATION N-01H」…と、目的に応じて端末を選ぶことができます。キャリア各社がスマートフォンのラインナップを減らす中、端末を選ぶ楽しみが味わえるドコモがたくましく思えますね。

ですが、衝撃への対応や使い心地の底上げは全端末に共通しています。指紋認証や虹彩認証など、生体認証に対応したスマートフォンが6機種登場。生体認証はログインだけでなくケータイ支払いなどの決済にも利用可能です。また、5機種が高速オートフォーカスに対応。ここぞというシャッターチャンスを逃しません。さらにMIL規格に対応したスマートフォンも3機種登場し、スポーツで使う時も、日常でスマートフォンを地面に落とした時も耐久性が増したボディが対応してくれます。

冬春モデルはiPhone 6sの発売後に登場することになりましたが、ドコモの冬春モデルのスマートフォンも、それぞれiPhoneにない魅力を備えています。幅広いラインナップをそろえるドコモだからこそ、自分にぴったり合う端末を選ぶ楽しさが見つけられそうですね!

source: NTTドコモ

(塚本直樹)