2017年、人間の頭を取り替える手術を決行。患者が胸中を語る

2017年、人間の頭を取り替える手術を決行。患者が胸中を語る 1

難病がこれで治るならと。

今年2月、イタリアの神経外科医Sergio Canavero氏が人間の頭部移植手術の計画を発表して我々の度肝を抜きました。多くの人はその実現性について懐疑的でしたが、Canavero氏はすでに手術の希望者を見つけ、日取りを決めてしまったようです。それは今から約2年後、2017年12月に行われることになりました。

人類初の頭部移植を受けることになったのは、ロシアのコンピューター科学者、30歳のValery Spiridonovさんです。彼はウェルドニッヒ・ホフマン病という筋力が低下する病気にかかっていて、その治療法はいまだ見つかっていないのです。

ただし頭部移植手術を受けても、Spiridonovさんが無事に新しい体を得られるかどうかはわかりません。動物を使った頭部移植実験は意外と古くからあり、1970年代にはサルの頭部と体が一応つながって、手術後9日間は生存していたりしたそうです。でもそのサルがそうだったように、Spiridonovさんの場合も頭部が体に免疫反応を示したり、その逆が起きたりする可能性があります。また一番難しいとされるのは、脊髄の結合です。さらにすべてがうまく行ったとしても、Spiridonovさんの知能とか人格が維持されるかどうかも不明です。彼らは前人未踏の地に踏み込みつつあるんです。

でももしこれが成功して手術方法が確立されていけば、重い障害を持った多くの人たちが救われるかもしれません。だからSpiridonovさんは、前例のない手術というリスクを取る価値があると考えています。

彼はCentral European Newsに対し以下のように語っています。

これほど大きな、重要な何かに自分が参加できると知ったとき、私は疑うことなく進み始めました。今はただ、まるで今までの人生でずっと準備してきたことが始まろうとしているように、待ち遠しいばかりです。

source: Fox News

Maddie Stone-Gizmodo US[原文

(miho)