え、これ理想的。月5ドルでiPhone 6sをリースするプランをT-mobileが発表

え、これ理想的。月5ドルでiPhone 6sをリースするプランをT-mobileが発表 1

安すぎでは。

年々上がっていくiPhoneの本体価格。iPadより安かったのもはるか昔、今では普通にMacが買えるくらいの価格設定になってしまいました。

こうなってくると、毎年iPhoneを買い換え続けるのも厳しいなぁ...と感じている人も多いのではないでしょうか。いくら下取りしてくれても1年でやっぱり月2,000〜3,000円程度はしますもんね。

でも、iPhoneの祖国アメリカでは、この状況を打破するかのようなプランを、T-mobileが出してきたんです。なんと月5ドル(約600円)で最新のiPhone 6sをリースできるんプランです。

アメリカでは以前より、VerizonやAT&Tが大体月2,000〜3,000円くらいで2年間のリースプランというのを提供していました。そしてそれに対抗して、ソフトバンク傘下のスプリントが月15ドル(約1,800円)の22ヶ月のリースプランを出したりしていたんですが、これらが霞むようなプランを今回出してきたわけです。

これはあくまでiPhone 6s 16GBを契約する時にiPhone 6を下取りに出した場合の値段ではありますが、月600円で最新機種を手にすることができるんです。リース期間は1年半なのが微妙なところですが、とてつもなく安いのは間違いありません。

日本でもauが「アップグレードプログラム」という、18ヶ月目以降の割賦残債が実質ゼロになる月300円のプランがありますが、アメリカに比べてしまうとまだまだぬるいですね。

日本でもこういうのが広がってくれることを願いたいですね。

image by mandritoiu / Shutterstock.com

source: CNN

(小山和之)