起動もするよ! 3Dプリントで作った手のひらサイズの「Apple IIc」

起動もするよ! 3Dプリントで作った手のひらサイズの「Apple IIc」 1

昔のMacの起動音、覚えてます?

今見るとレトロな、象牙色の筐体でロゴがレインボーカラーのリンゴだったMac。1984年に発売の「Apple IIc」も、いわゆるオールドMacのひとつでした。重さは3キロありましたが、これが当時としては驚くべき軽さ。何しろ、取っ手がついていて「持ち歩ける」という触れ込みでしたから(ただし、ディスプレイは別)。

起動もするよ! 3Dプリントで作った手のひらサイズの「Apple IIc」 2

米国ノースカロライナ州のCharles Manginさんは、Apple IIcのミニチュアを3Dプリンターで作ったことで話題になっています。しかも、これが起動して動くんです!

起動もするよ! 3Dプリントで作った手のひらサイズの「Apple IIc」 3

マザーボードにはRaspberry Piを使い、筐体とモニターは3Dプリンターから出力して組み立てています。

起動もするよ! 3Dプリントで作った手のひらサイズの「Apple IIc」 4

こちらがモニターです。ヒンジで角度を調節して、下のくぼみに本体を差し込めます。結構細かいところまで、忠実に再現してあります。

起動もするよ! 3Dプリントで作った手のひらサイズの「Apple IIc」 5

さすがに打ち込みができるキーボードまでは作れなかったようで、操作はUSBキーボードでする仕様になっているようです。

ミニチュア版のApple IIcとモニターは、オンラインハンドメイドマーケットのEtsyから買えます。塗装や組み立てもやってみたい場合や、3Dプリンターを使える環境なら、「Thingiverse」(3Dモデルをシェアするサイト)からデータをダウンロードして出力もできますよ。

ギズモードは、9月10日午前2時からアップルの新製品発表会の情報をリアルタイムで更新します。iPhone 6sや新型iPad、新型Apple TVなどが発表されるかも。リアルタイム更新はこちらのページ@gizmodojapanで。今夜は一緒に楽しみましょう!

source: 3D Print.com,RetroConnector

(高橋ミレイ)