Apple Pencilが登場。スティーブ・ジョブズならどう思うんだろう?

150909pencil_jobs.jpg

スティーブはスタイラス反対派だったけどなぁ。

今回のアップル新製品発表会で、iPad Proなる巨大iPadが登場しました。それと一緒に「今まで我々が作り出したテクノロジーで最先端」と紹介されたスタイラスペン、Apple Pencilも登場。

まず、これってスタイライスに否定的だったスティーブ・ジョブスが2010年に初めてiPadを紹介した時に「スタイラスなんてボツ!」と語ったことに矛盾してますよね。Apple Pencilは完全にジョブスのアドバイスに反している、というわけではないんですが、これはCEOのティム・クックがジョブスの有名なアドバイスに反しても出したかったほど、自信があるという証拠です。

このペン、実は今年の1月から噂されていたんですが、とりあえず否定的なところはさておき、ハードウェアの観点から見ると結構おもしろいデバイスのようです。ジョニー・アイヴ氏によると、このペンはペン自体の傾きを計算しながら実際の感圧タッチなしで、感圧を検出できるセンサーが先端に2つ搭載されていて、スクリーン自体は指のタッチとは違う、ペンのタッチを感知するために再設計されたそうです。さらにアイヴ氏は、スクリーンはペンが触れる時に2回スキャンし、より多くのポイントと精度を感知すると語っています。ペンにはLightningコネクターが内蔵されていて、iPadにつなげて充電できるようになっているそうです。

このスタイラスおもしろいですが、かなりびっくりしましたよね。iPad Proが発売されると同時に発売されるようで、99ドル(約1万2000円)とされています。

デザインやエンジニアリングでタブレットとスタイラスを使用する人たちを獲得するには、これはAppleにとって必要なことだったんでしょうね。サードパーティのスタイラスが色々登場してきそうですね。

アップル新製品発表会、いちどに全部わかるまとめと、発表会の臨場感そのままのライブブログ記事で新しいアップルのiPhone、iPad Pro、Apple TVをチェック! 今後出てくる最新情報はツイッターアカウント@gizmodojapanでウォッチできます

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(リョウコ)