iPhone 6s / 6s Plus発表:背面カメラが1200万画素に。4K動画対応、新しい撮影方法「Live Photos」

2015.09.10 05:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150910iphonecameramiura-01.jpg


iPhone 6s/6s PlusのiSightカメラは、1200万画素にアップしています。しかも、新しい画像信号プロセッサを搭載し、より色再現性に優れています。もちろん、光学式手ぶれ補正も搭載されています。

そして、4K動画の撮影にも対応。編集もiPhone 6s/6s Plusで行えます。


150910iphonecameramiura-03.jpg


新しい撮影方法として「Live Photos」が搭載されました。これは、シャッターを押している間だけ動画が撮影できる機能。Live Photosを使って撮影した写真は、画面をタッチすると動き出します。壁紙にも設定できますよ。

そのほか、FaceTimeカメラを使うときに画面全体が光る「Retina Flash」機能もあります。

うーん、なかなかカメラが進化しているようですね。iPhoneは新しくなるたびにカメラよくなってますもんね。


アップル新製品発表会、いちどに全部わかるまとめと、発表会の臨場感そのままのライブブログ記事で新しいアップルのiPhone、iPad Pro、Apple TVをチェック! 今後出てくる最新情報はツイッターアカウント@gizmodojapanでウォッチできます


source: アップル

(三浦一紀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア