アップルがARに本気、マイクロソフトから「HoloLens」のエンジニアを引き抜き

アップルがARに本気、マイクロソフトから「HoloLens」のエンジニアを引き抜き 1

何を作るつもりなのでしょう…。

アップルがARチームを発足させ、何か作り出そうとしているという動きがあるといいます。なんでも、マイクロソフトのARヘッドセットであるHoloLensのキー人物、オーディオエンジニアであるNick Thompson氏を引き抜いたというのです。実はこの人物、マイクロソフトの前はアップルで、MacのCPUソフトウェア&オーディオエンジニアとして勤務しており、今回の転職で古巣に戻ったという形。彼のLinkedInステータスによれば、7月にマイクロソフトを退社しアップルに転職しています。

今年の3月に、アップルはARソフトウェアを手がけるMetaioを買収。さらに、今年頭の社員募集リストにはVR/AR業界の熟練経験者があがっていました。

うん、アップルがARチームを立ち上げたor立ち上げようとしているのは、かなり確かな様子。何を作ろうとしているのか、それはAR/VRに多くの可能性があるだけにまだわかりませんけれど。

source: StreetInsider via Cult of Mac

(そうこ)