癌の進行をカラフルに表現してみる

091915_cancergrowth02.jpg

より効果的な治療に期待したいですね。

健康的な体の組織は、健康的なエコシステムのように多様性に富んでいます。しかし腫瘍の場合は、悪性の細胞一種類が他を圧倒してしまいます。研究者たちは、新たなコンピューターによるシミュレーションを使ってその理由を探っており、より効果的なガン治療法の発見が期待されています。

研究チームは数学アルゴリズムを使い、一握りの悪性の細胞(種類ごとに色分けされています)が数百万のがん細胞からなる悪性腫瘍に変貌する様を再現する3Dシミュレーションを開発しました。Natureに掲載されたこのモデルは、研究室での実験で既に分かっていた事を裏付ける結果となりました。つまり、腫瘍の中での細胞の細かい動きが塊を素早く大きくさせ、また放射線治療後に腫瘍が復活する原因にもなります。

腫瘍の中では、自然の均衡が崩れてしまったエコシステム同様に、環境的に有利な細胞が際限なく繁殖してしまうのです。しかし、放射線治療を行ったり藥物を投与するだけでは一度に全ての細胞を殺す事はできません。そして最悪な事に、生き残った細胞に限って藥物に耐性のある細胞な事が多く、治療の後に即座に増幅しはじめます。

このように癌の進行は非常に複雑ですが、新しいシミュレーションによってそこに注目する事で、最も増殖の速い細胞を重点的に攻撃する治療法が確立するのではと期待されています。

source: University of Edinburgh News via Engadget

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(scheme_a)