感覚を伝える義手の登場。脳とつながり動かせる、感じられる

150914prosthetichand.jpg

電脳時代の幕開けか。

米軍の研究機関であるDARPAによって研究と臨床試験は行われ、触覚を脳に伝えてくれる義手が完成しました。不随の障害を持つ28歳の男性に取り付けられたこの義手、脳に直接電極を接続するという技術のおかげで触覚も伝えることに成功したそうです。軍の機関というところがリアルですよね...ちなみにこの男性の名前は明かされていません。

電極のうち片方は身体の動きを司る運動野に、もう一方は触覚を担当する感覚野につなげられました。これによってただ義手を操作するだけでなく、義手が何かに触れていることも知覚できるとのことです。

義手はジョンズホプキンス大学の応用物理研究所による開発。指の部分には圧力を感知するトルクセンサーが仕込まれており、指に加えられた圧力の情報を電気シグナルとして脳に送ってくれます。

実験は男性が目隠しをされた状態で行われましたが、どの指が触られているのかほぼ100%の正当率で答えられたとのこと。すごく正確に脳に情報が伝えられているわけですね。

さらに、男性に伝えずに指を2本同時に触るという引っかけテストをしてみたところ、脳は何かの異常を検知し、男性は研究者たちが何か引っかけをしていないか尋ねたそうです。

義手を必要とする人は世界中にたくさん存在します。これが一部の研究機関だけでなく、一般人にも利用可能な技術になれば素晴らしいですね。

Image by DARPA

source: DARPA via BoingBoing

James O Malley - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)