アラスカの雪山を背景に飛ぶ戦闘機F-22が美しい

アラスカの雪山を背景に飛ぶ戦闘機F-22が美しい 1

戦闘機の美しい写真たちをどうぞ。

フォトグラファーのJohn Dibbsさんがロッキード・マーティン社配信のCode Oneに掲載するため撮影した戦闘機。Raptor(猛禽類)という愛称で呼ばれるF-22です。2機の戦闘機が雪で覆われた幻想的なアラスカの景色をバックに飛ぶ様は、ため息が出るほど美しい。美しく、清廉かつ強烈な印象を残すこの写真は、完璧すぎてまるで作り物かのように見えます。

Code Oneからの引用:

加えて、アラスカという立地は戦略上、世界中のどこへでも迅速にF-22を配置させるのに好都合なのです。北半球であればほとんどの区域に、9時間もしくは9時間もかからない飛行時間で行くことができます。さらに、ここ数年の間に再開されたロシアの爆撃によって、F-22はエルメンドルフ空軍基地にて週7日24時間、常に警戒態勢にあります。

F-22についての記事全文・写真はこちらからどうぞ。

アラスカの雪山を背景に飛ぶ戦闘機F-22が美しい 2

アラスカの雪山を背景に飛ぶ戦闘機F-22が美しい 3

アラスカの雪山を背景に飛ぶ戦闘機F-22が美しい 4

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(SHIORI)