まるでF-ZEROの世界!イギリスに非接触充電レーンが登場するかも

150901_england_highway.jpg

電気自動車で気になることの一つと言えば、目的地まで燃料電池がもつか?ということですが、もし充電スタンドに寄る必要なく高速道路を走るだけで勝手にワイヤレスで充電できるようになったら? 夢のようですよね。

そんな電気自動車オーナーにとって朗報な道路のパイロット版をイギリス政府主導で開発中だそうです。そして、年内にはオフロードに実験レーンを作り、地面に取り付けられた装置で電気自動車やハイブリッドカーがワイヤレス充電できるか、テストを開始する予定だとか。

このプロジェクトを進めているイギリスの政府交通機関Highways Englandは、既にこの新技術が実現可能で問題なく機能するかの検証を行っていて、18ヶ月のトライアル後、イギリス国内の高速道路と国道で設置実験を行う予定だそうです。

実はこの電気自動車を充電できる非接触充電レーンというのは新しいものではなく、韓国ではバスが電気を起こす磁場が設置してあるルートを通過することによって充電できたり、数年前には日本でもワイヤレスの給電装置の実証実験を行ったりしていたようです。

このように今後も、いろいろな国や地域で非接触充電のアイディアが試されベストな方法が見つかれば、電気自動車の普及に拍車がかかるかもしれませんね。

また、非接触充電レーンというアイディアが25年前任天堂が発売したF-ZEROという近未来カーレース・ゲームが現実のものになるよ!とF-ZEROを楽しんでいたゲーマーたちの間で話題になっているそうです。確かに道路を走るだけで充電できちゃうなんてゲームや映画や漫画の世界の話にとどまりそうなのに、現実になる日がくるかもしれないなんて、ちょっと興奮しちゃいますよね。

source: BBC

Sean Hollister - Gizmodo US[原文

(junjun)