ソーラーパネルに興味はあっても面倒くさいあなたにGoogleのProject Sunroof

ソーラーパネルに興味はあっても面倒くさいあなたにGoogleのProject Sunroof 1

環境を守ろう! でも面倒くさいから明日から!な私たちにGoogleから助け船です。

自宅にソーラーパネル設置しようとしたら結構面倒なんですよね。屋根にどれだけパネルを設置できるかって実は建物によってかなり違んです。自分の屋根にどれだけ太陽光が当たるかも立地や周りの建物によって違うので、電気代がどれくらい浮くかも変わってきます。あと設置の工事にいくらかかるかも調べないといけないし....。

こういった面倒な部分を計算してくれるのがProject Sunroofです。なんと住所を入力するだけで簡単にパッとすべて分かるようにしてくれました。

元になっているのはGoogleマップで集められたデータ。自分の屋根がどれだけ太陽光を浴びるのか教えてくれます。そこから1年に何時間くらい発電できるのかも計算してくれます。さらにソーラーパネルを設置できる面積も教えてくれて、設置に関してのファナンシャルプランも説明してくれて、近所の施工会社のリストも作ってくれるんです。

住所を。入れる。だけで。

これまではこういう事に詳しい親戚のおじちゃんに電話して、よく分かんない専門用語を言われて、結局どれくらい節約できるのか分からず、いつ結婚するんだ、ウチの息子に誰か紹介しろ、と話がそれて、うんおじちゃんじゃあちょっと考えてみるね、と電話を切って疲れて寝て終わりだったと思うんです。

それが全部。住所を。入れる。だけで。

いやー、テクノロジーありがたいですね。

アメリカでは風力と太陽光発電が急速に伸びています。6月にはオバマ大統領は、低所得家庭にソーラーパネルを設置する計画を発表しました。低所得の家庭はそもそもソーラーパネルは高価すぎて手が届きませんが、政府がそれを援助することで電力における格差を改善するのが狙いのようです。オバマ大統領のエネルギー政策は2050年までに太陽光発電が国のエネルギーの45%を供給するという目標があります。2014年の段階では0.4%でしかないことを考えると、かなり抜本的な改革が必要ですね。

そんなアメリカの太陽エネルギーへの取り組みを後押しするGoogleのProject Sunroofですが、今のところサンフランシスコ、フレスノ、ボストンの三ヶ所で利用が可能です。Googleはこれをアメリカ国内全地域へと広げるつもりだそうです。上手く行けば日本など海外へも展開するかもしれませんね。

source: Engadget

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)