アップルとシスコが提携。会社でiOS端末がサクサク使えるように

アップルとシスコが提携。会社でiOS端末がサクサク使えるように 1

アップルの次なる標的は企業です。

8月31日(米国時間)、アップルはシスコと業務提携することを発表しました。アップルは昨年には長年のライバルだったIBMと提携し、IBMの法人向けの販路でアップルの端末を販売し始めるなど、企業に向けたサービスに力を入れています。今回の提携もその一環だそうですが、なにも企業向けのワークステーションをアップルが出すという話ではなさそうです。

発表によると、iOSをシスコの企業内ネットワークやサービスに最適化することで、ビデオ会議などを高速回線でスムーズに利用できるようにするそうです。また、iPhoneに登録した連絡先を会社の電話に同期させることもできますから、電話番号の登録が二度手間になることもなくなります。

さらに、iOS端末とシスコのサービスとの連携も強化。個別のアプリを操作する手間を省きます。たとえば、iPhoneでカレンダーに登録した会議をタップすると、すぐにシスコのビデオ会議アプリが起動します。

アップルが法人向けのサービスを強化すれば、家庭用のパソコンもアップル製品を選ぶ人が増えそうですね。なんだかんだ言って、慣れた環境を使いやすく感じるものですから。特に若い世代は、社会人になってからパソコンを本格的に使う人が増えているので、なおさら影響が強そうです。

これまでアップルは、教育機関、モバイルユーザーとユーザ層を広げてきました。ですが、教育機関はマイクロソフトという競合にして強豪が構えていますし、iPhoneのシェア率の伸びも、以前の勢いはなくしている模様。そこで、次のターゲットとして法人に照準を合わせているようです。

source: BloombergCisco

(高橋ミレイ)