iOS 9の小文字キーボードがしっくりこない方へ

合理的だって頭ではわかる、でも目が拒否してる、そんなとき。

慣れ親しんだ光景が微妙に変わると、止まってるエスカレーターに乗ったときなんかがそうですが、酔ったような感じになることがあります。iOS 9キーボードが小文字で表示されるようになり、これは基本的には進化なのですが、しっくりこないと感じる人がいるようです。米GizmodoのCasey Chan記者は、「眼球が吐きそう」とまで言ってます。

今までのiOSとか一般的なパソコンでは、キーボードにはアルファベットが大文字表示されていました。でもiOS 9では、Caps Lock/Shiftキー(キーボード左側の上矢印)を押して大文字入力されるときだけ大文字表示、そうでないときは小文字表示されるように変わったんです。自分が打つ文字が大文字になるのか小文字になるのか、パッと見でわかるのは便利ですね。ちなみにAndroidでは前々からこの仕様になっています。

Chan記者もキーボードで小文字表示する方が合理的だとは認めてるのですが、そうはいってもすぐには順応できないようです。他にもそんな人はいるのではないでしょうか? それに我々日本人としては日本語入力が中心なので、やっぱりデフォルトが大文字のほうが見分けやすくて良いような気もします。

というわけで、小文字表示をやめる方法がこちらです。設定アプリから、「一般>アクセシビリティ>キーボード」と進み、「小文字キーを表示」をオフにするだけです。今まで通りが良い!という方、やってみてください。

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(miho)