新iPhoneほしいけど…プレゼント当選の詐欺サイトによる被害、国内で拡大中

新iPhoneほしいけど…プレゼント当選の詐欺サイトによる被害、国内で拡大中 1

うまい話には裏がありますから……。

夏休みが終わって、子どもたちにとっては新学期がスタートしました。そして、この9月最大の楽しみは、アップルから発表されるであろうiPhoneの新モデル! そんな期待を抱いている人も少なくないことでしょうね。

ちなみにiPhoneはほしいけれど、でも、やっぱり高いです。簡単に買える値段のスマートフォンではありません。だから、新しいiPhoneを無料でもらえるプレゼント当選しました~。そんな文句が目の前にちらつくと、心そそられてしまうのはしかたがないことのようで、いま日本国内で詐欺サイトによる被害が懸念されているみたいですよ。

新iPhoneほしいけど…プレゼント当選の詐欺サイトによる被害、国内で拡大中 2

情報処理推進機構は、技術本部セキュリティセンターを通じ、9月に入って最初の注意喚起を発表。インターネットを利用していると、いきなり「おめでとうございます!」のメッセージから、iPhone 6のプレゼントに当たったとユーザーに知らせるポップアップサイトが、日本国内で増えているそうです。

いかにもアップルの公式サイトを装ってみたり、ウソだと思っていたのに本当にiPhoneが送られてきたとか、プレゼントしてくれたアップルに感謝しているといった当選者のコメントが続々と表示されるなど、ついついiPhoneほしさに信じたくなってしまう仕掛けが満載。でも、こんな詐欺サイトで個人情報ならびにクレジットカード情報を入力してしまったら、盗み出された情報から次々と被害は拡大していきますよ。

最近では、同じような手口で、Apple Watchが当たりましたと伝えるサイトも増えはじめているそうです。なんにもしていないのに、勝手に高額の商品プレゼントに当選したと伝えるなど、いかにも子どもじみた作りのはずが、つい物ほしさに引っかかってしまう人は後を絶たないようですね。そういえば、Windows 10のリリース時にも、便乗してマルウェアが横行していましたよね。

新たにiPhone 6sなどが発売されれば、さらに進化した詐欺行為エスカレートしていくと考えられます。くれぐれも、うますぎる話にはご用心あれ。

source: 情報処理推進機構

(湯木進悟)