「iPhone 7」はiPod touch並みの激薄デザインになる?

「iPhone 7」はiPod touch並みの激薄デザインになる? 1

イメージ画像 by Yasser Farahi

強度は大丈夫かな?

今アップル業界は次期iPhoneことiPhone 6sの噂で大盛り上がりですが、その次のiPhone 7も忘れちゃいけません。2016年に登場すると予想されるこのiPhone 7は、iPod touchやiPad Air 2並みに激薄になるかもしれないんです。

アップル製品の予測で知られる香港KGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、iPhone 7の本体の薄さは6.0mm~6.5mmになるそうなんです。iPod touchやiPad Air 2の本体厚は6.1mmですから、これらに並ぶ薄さということになりますね。

しかし気になるのが、iPhone 6sではより頑丈な新素材のアルミニウム7000を採用することで本体厚が7.0mmになり、iPhone 6に比べて0.1mm厚くなるらしいということ。iPhone 7では強度を保つために、一体どんなマジックが使われるのでしょう? さらにこの薄さにもかかわらず、iPhone 6sで導入されるといわれているForce Touch機能はiPhone 7でも利用可能とのこと。

またKuo氏は、iPhone 7がインセル方式のタッチパネルをやめるというには否定的なようです。少し専門的な話になりますが、インセル方式のタッチパネルは6mmという薄さを実現するためにもどうしても必要な技術なんだそうです。

iPhone 7にどのような変化があるのか詳細は述べられていませんが、もしかしたら2年ごとに行なわれているデザイン変更に、薄型化の鍵があるのかもしれませんね。期待しましょう。

source: Apple Insider

(塚本直樹)