iPhone 6sにはiPhone 6のケースがそのまま使えます!(断言)

iPhone 6sにはiPhone 6のケースがそのまま使えます!(断言) 1

断言します。使いまわせます。

こちらの記事でお伝えしたように、iPhone 6sとiPhone 6では外観はほぼ変わりありません。ボタンの位置も、寸法もその差0.1〜0.2mm程度です。そこで気になるのは、iPhone 6のケースをそのまま使いまわせるか?ですよね。買ったばかりのiPhone 6sを裸で持ち歩くなんて、そんな勇気ありません。そこで、検証してみました。

シリコンのiPhone 6ケース

iPhone 6sにはiPhone 6のケースがそのまま使えます!(断言) 2

編集部に置いてあったこちらのiPhone 6ケース。よくあるシリコン製のもので、力を入れるとぐにゃぐにゃ曲がる柔らかいケースです。

iPhone 6sにはiPhone 6のケースがそのまま使えます!(断言) 3

おぉ、入った。iPhone 6sがすんなり入りました。

iPhone 6sにはiPhone 6のケースがそのまま使えます!(断言) 4

ボタンやレンズの位置もピッタリ! でも、まだiPhone 6のすべてのケースが使えると断言するには早すぎます。

ガチガチにはまるハードケース

シリコン製のケースがはまるのは想定の範囲内。では、これは?

iPhone 6sにはiPhone 6のケースがそのまま使えます!(断言) 5

ギズでも何回か紹介したことのあるiPhoneケース、「mophie」です! mophieはバッテリーが内蔵されていて、ケース内のLightningコネクタにがっちり差し込んではめるiPhoneケースです。そのため、ケース内に余分な隙間が一切なく、文字どおりガッチガチに固定されます。このmophieにiPhone 6sをはめることができれば、他のどんなiPhone 6ケースにもたいてい対応できると言っても過言ではありません!

iPhone 6sにはiPhone 6のケースがそのまま使えます!(断言) 6

おぉ…!

iPhone 6sにはiPhone 6のケースがそのまま使えます!(断言) 7

はまった!! ボタン位置もピッタリで充電も反応しています。ここに、明日使えるトリビアが誕生しました。「iPhone 6sには、iPhone 6のケースがそのまま使えます!

ただ、とっても心配性な方や、特殊なケースをお持ちの方は、iPhone 6s用と明記されているケースを買ってくださいね。

source: アップル

(前田真希子)