料理は美味しく撮れるのか? iPhone 6s Plusでテーブルフォトしてみました

料理は美味しく撮れるのか? iPhone 6s Plusでテーブルフォトしてみました 1

うわ、カラーノイズが減少して、すっきり見やすい画に仕上がっていますね!

iPhone 6とiPhone 6s、昼間のiSightカメラの画質はどう違う?に引き続いて、iPhone 6s Plusのメインカメラのお話。今度は居酒屋で「なんで2台で撮ってるの?」と大将にツッコミをいただきながら料理を撮影してきました。

6sp-IMG_0157

iPhone 6s Plus f2.2 1/17 ISO40

6p-IMG_1937

iPhone 6 Plus f2.2 1/17 ISO40

iPhone 6 Plusは蛍光灯の影響を受け、やや青みがかる傾向を感じますが、iPhone 6s Plusは色味バッチリ。見る人によっては黄色に転んでいるかも?と思うかも。

6p-IMG_1966

iPhone 6s Plus f2.2 1/4 ISO80

6sp-IMG_0166

iPhone 6 Plus f2.2 1/4 ISO80

器の部分を見ていただきたいのですが、ノイズの出方は段違い。iPhone 6 Plusはボケている部分にかなりのザラつきがありますよね。でもiPhone 6s Plusはまったり。塗り絵感は致し方ないところでしょう。スマートフォンでここまで撮れれば十分ではないでしょうか。

とはいえ極力明るく撮ろうとして、シャッタースピードをめっちゃ遅くしちゃう個性はなんとかしてほしいところ。マニュアル設定が可能なカメラアプリを使えばいいというお話でもありますが。

6sp-IMG_0163

iPhone 6s Plus f2.2 1/30 ISO160

6p-IMG_1945

iPhone 6 Plus f2.2 1/30 ISO160

とはいえ、バーのような暗い場所でなければiPhone 6 Plusでも十分綺麗に撮影できますな。そりゃーそーかー。昨年までのリファレンス機種ですもんな。

source:アップル

(武者良太)