iPhone 6s買ったら、iCloudから復元してみよう

150925nic1.JPG

思ったよりも簡単です。

さて、いよいよ発売が開始されたiPhone 6s。初めてiPhoneを買うよ!って人もいれば、iPhoneの旧機種から乗り換える人も多いと思います。そこでこの記事では、iPhone 6sをiCloud経由で復元する方法について解説したいと思います。

ちなみに乗り換え前の機種はiPhone 5で、乗り換え前にiCloudへのバックアップを済ませています

iPhone 6sをアクティベートすると、上の画像のようにデータの復元元を選ぶことができます。

・iCloudバックアップから復元

・iTunesバックアップから復元

・新しいiPhoneとして設定

・Androidからデータを復元

今回は一番上のiCloudバックアップから復元を選びましょう。

150925nic22.JPG

次にiCloudにサインイン。Apple IDとパスワードを入力します。

150925nic3.JPG

注意が出るので続ける(Continue)をタップ。

150925nic4.JPG

利用規約を読み、「同意する」をタップ。

150925nic5.JPG

復元元を選ぶと、さっそくiCloudから復元が開始します。しばらく残り時間の計算をして…

150925nic6.JPG

残り時間が表示されるのでじっと待ち…

150925nic7.JPG

復元が終わりました! 続ける(Continue)をタップしましょう。

150925nic88.JPG

もう一度パスワードを入力して…

150925nic9.JPG

はい、これでiPhoneの環境が復元されました。後は自動的にアプリがダウンロードされるのを待つだけです。

ね、簡単でしょ?

source: アップル

(塚本直樹)