iPhone 6sとiPhone 6s Plusの耐久性を比べてみた

2015.09.25 12:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150925droptest001.jpg


よい子は真似をしないでください。

スマホの新機種が出たら、必ず誰かがやるのが耐久テスト。YouTubeチャンネルのTechSmarttでは、さっそくiPhone 6sとiPhone 6s Plusが、どれだけ衝撃に耐えられるかのテスト動画を配信しています。


iPhone 6S vs iPhone 6S Plus Drop Test!


実験では、高さを変えながらiPhone 6sとiPhone 6s Plusを3回石畳の地面に落とします。さて、より耐久性が高いのはどちらでしょうか? iPhoneケースや保護フィルムをつけるか迷っている方も、ご参考にどうぞ。

1回目は腰ぐらいの高さから落とします。ポケットから出した時にうっかり落としてしまったというシチュエーションですね。こちらは、iPhone 6sとiPhone 6s Plus両方とも無事でした。ディスプレイも無傷です。動作チェックをしたところ、こちらも異常なし。


150925droptest003.jpg


2回目は電話をしている最中に手を滑らせて落としたケース。ポケットよりは高い位置からの落下ですが、小さな傷が角についたことを除けばこちらも両方とも無事でした。

3回目は手を高く上げた状態で落とす実験。たとえばフェスなどのイベントで手を上げて写真を撮っている時に、何かのはずみで落としてしまうなんてことがあるかもしれません。


150925droptest002.jpg


落とした瞬間、ガシャーンと派手な音が響きます。ああ、これはヤバそう…と思ったら、案の定iPhone 6sのディスプレイが、かなり悲惨な感じで割れていました。動作チェックは問題なさそうに見えますが、ディスプレイのヒビが指にひっかかって使いにくそうです。

iPhone 6s Plusは、ガラスの面積が大きい分、もっと派手に割れるかと思いましたが、以外にもディスプレイは無傷。これが、落とした時の当たり所のせいか、より強度の高いガラスをiPhone 6s Plusに採用しているせいかは分かりません。

両機種とも、思ったよりは耐久性があるとはいえ、やっぱりディスプレイは割れやすいようです。どちらにしても精密機器に衝撃を与えやすい環境なら、不具合が起きやすいのも確かでしょう。落とさない工夫をするか、落としても壊れないようにケースをつけるなど対策は必要かもしれませんね。


source: YouTube

(高橋ミレイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • PopSky™ iPhone 6S /iPhone 6S Plus 強化ガラスフィルム採用0.3mm 強化ガラス ラウンドカッティング 硬度9H AGC旭硝子のガラス素材 ラウンドエッジ加工 耐指紋 撥油性 高透過率液晶保護フィルム (iPhone 6S, 強化ガラスフィルム)
  • PopSky
  • 【Spigen】 iPhone6S ケース タフ・アーマー [エアクッションテクノロジー] (ガンメタル SGP11612)
  • Spigen
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア