ISO409600×4K撮影OKな暗闇撮影番長「α7s II」がデビュー!

2015.09.14 10:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150911-djtvsf135ps0bxru6ra9-R.jpg


5軸手ぶれ補正でさらに暗がりに強く!

メディアやネイチャーフォトカメラマンに人気の超々高感度一眼デジカメα7sが「α7s II」に進化します! センサーは1,220万画素のExmor CMOSでどうやらα7sと同じモノ。画像エンジンもBIONZ X。ISOは標準で100~102,400、拡張で最高409,600までセットできるこれまた同じスペックです。あれ?

大きな違いはα7II系のボディになって5軸手ぶれ補正を搭載。さらに4K動画の録画(α7sは外部レコーダーが必要だった)が可能になり、フルHD120fpsのハイスピード撮影ができます。AF169点のコントラストAFにアップデートしましたね。合焦速度も向上したみたい。


150911-up3rdkiblhsqn8gubv6g-R.jpg


α系では最強種となったα7R IIは高感度性能でα7sに肉薄しているといわれていますが、4,240万画素の裏面照射型Exmor Rは4K撮影ができるものの活躍の場は静止画方面が主。対してα7s IIは深夜でも手持ちで低ノイズなムービーが撮れる、動画撮影をメインとした機体に仕上げてきたのかも。


150911-ae8e7wo6buupzwemjjgb-R.jpg


ある意味棲み分けができていると言えましょう。日本での発売と販売価格がどうなるのか。来年のホタルを撮りたい方も注目です。


source: SONY

(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア