キティちゃん、プロジェクターになる

キティちゃん、プロジェクターになる 1

仕事を選ばない。

とさまざまな仕事を体当たりでこなす、サンリオの人気キャラクター「キティちゃん」。今度のお仕事はプロジェクターです。

プロジェクターのマスコットキャラクター? いえいえ「私がプロジェクターになることだ!」とばかりに、プロジェクターになってしまいました。どういうこった。

キティちゃん、プロジェクターになる 2

「RICOH PJ HDC5420HK」はリコーが発売するホームシアター向けプロジェクター。天板パネルには大きくキティちゃんの顔が描かれ、リボンは立体的に表現されています。圧倒的なキティ感。

キティちゃん、プロジェクターになる 3

また、専用キャリングケース、リモコン、外装箱、ポーチなども余すところなくキティちゃん仕様。映像が投影されるまでのオープニングスクリーン映像にもキティちゃんが登場します。もう一度いいますが、圧倒的なキティ感です。

キティちゃん、プロジェクターになる 4

希望者には4種類のプロジェクタートップカバーから、希望した1種類がプレゼントされ、プロジェクターをキセカエできるとか。この要素は面白いですね! ひょっとしたらプロジェクターという機器に、はじめてキセカエ文化が登場したのではないでしょうか

このキティちゃんプロジェクターは11月1日発売で、価格はオープン。推定市場価格は市場価格は12万8000円となる見込み。9月9日から予約が開始され、リコーイメージングオンラインストアサンリオオンラインショップ、新宿・銀座・大阪のリコーイメージングスクエアなどで予約できるようですよ。サンリオ直営店の一部限定店舗でも販売予定しているとのこと。詳しいスペックなどはこちらをどうぞ。

既存のプロジェクターとは一線を画する、このキティちゃん。ホームシアター向けとのことですが、会社の備品として選ぶような勇気も見てみたい。

source: リコー(ニュースリリース)

(小暮ひさのり)