バチバチ音が気持ちいい。ニューロンの働きを学べるインタラクティブ動画

自分で手を動かしだけでこんなに理解しやすくなるんですね。

ニューロン」って聞いたことはあるけど、そもそもどういう仕組みで動いてるんだっけ。そんな素朴な疑問に答えてくれるのが、Nicky Caseさん制作のインタラクティブ動画「NEUROTIC NEURONS:AN INTERACTIVE EXPLANATION」です。パブリックドメインとして公開されているので、自由にソースコードをダウンロードできますよ。

動画ではクリックでニューロンを繋いだりして、ニューロンの基本的な仕組みを学びます。それだけでなく、Exposure Therapy(暴露療法、疑似体験療法)などの認知行動療法や、Hebian Learning(ヘブ学習)についてもやさしく説明。下のような愛らしいアニメーションのおかげで、難しげな単語もすっと入ってきます。

バチバチ音が気持ちいい。ニューロンの働きを学べるインタラクティブ動画 1

Nicky Caseさんはこれ以外にも、なかなか考えさせられるインタラクティブ動画やゲームを発表しています。個人の偏見がどんなふうに社会に影響するかを表現した「Parapable of the Polygons」や、自身が同性愛をカミングアウトした経験をフィクションまじりで語る「Coming Out Simulator」など。ポップなアニメだからこそ、込められたメッセージが刺さります。

クリエイター向けのクラウドファンディングサイトPatreonでは、Nickさんを月1ドルから支援することが可能。これからも作品を生みだしつづけてほしいと思った人は、ぜひ検討してみては。

source: Nicky Case via Flowing Data

Jamie Condliffe - Gizmodo US [原文]

(Haruka Mukai)