グーグルからNexus 6P登場。金属ボディの次世代スマートフォン

2015.09.30 09:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150930nnexus6p.jpg


あ、こっちも欲しい。

今年のNexusスマートフォンはNexus 5Xだけじゃありません。グーグルはサンフランシスコのイベントにて、よりハイエンド向きな新型スマートフォン「Nexus 6P」を発表しました。

ファーウェイが製造を担当したNexus 6PはOSに最新のAndroid 6.0 Marshmallow、画面には5.7インチ・WQHD解像度(2560×1440ドット)の有機ELディスプレイを搭載。画素密度は518ppiに達します。Nexus 6に引き続き、ハイエンドファブレットの主流となっているWQHD解像度を採用してきましたね。どれくらい精細なのか、一度見てみたいです。

プロセッサにはオクタコア(8コア)のSnapdragon 810を搭載。RAM容量は3GBです。本体はアルミのつなぎ目のないユニボディで製造されており、かなり高級感がありそうですよ。背面にはNexus 5Xと同じく指紋認証センサーを搭載。重量は178gで、192gのiPhone 6s Plusなどと比べるとかなり軽量に仕上がっています。

背面カメラは1230万画素とNexus 5Xと同スペックですが、前面カメラは800万画素とかなり高画素。自撮りでかなり活躍しそうな予感です。接続ポートはオモテウラのない奴ことUSB Type-Cとなっています。バッテリー容量は3,450mAhで、内蔵ストレージ別で32GB、64GB、128GBの3モデルが存在します。

Nexus 6Pのカラーはアルミニウム/グラファイト/フロストの3色で、ゴールド系の色のスペシャルエディションも登場します。注目の価格です。32GBモデルが499ドル(約6万円)、64GBモデルが549ドル(約6万6000円)、128GBモデルが649ドル(約7万8000円)。ハイエンドなファブレット端末であることを考えると、けっこう安めな印象ですね。予約は本日から開始し、出荷時期は10月となっています。

Nexus 5Xもそうですが、Nexus 6Pも無理のない価格設定が嬉しいですね。メインのスマートフォンや開発端末として、さらにはiPhoneのサブ機としても結構遊べそうですよ!


source: BGR

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア