逆に怖い。NSA公式がキュートなラブメッセージ…

逆に怖い。NSA公式がキュートなラブメッセージ… 1

これでイメージアッ…プ?

先週末、9月26日は「Love Note Day」というマイナーな記念日でした。その名のとおり「誰かに愛のメモを渡す日らしいんですが、やってる人は見たことありません。が、今回なぜか、あのNSA(米国国家安全保障局)が、全世界に愛のメッセージを発信していたんです。

NSAって、そう、米国はもちろん世界中あらゆる手尽くしみんなのネット活動や通話監視していたことをエドワード・スノーデン氏に内部告発された、あのNSAです。その彼らが「愛もサイバー攻撃も、訪れるのは突然。でも、サイバー攻撃には備えておけるはず」なんてメッセージをしたためているんです。

しかもそのデザインも妙に昭和というか20世紀というかだし、メッセージの中身もベタベタなんです。

逆に怖い。NSA公式がキュートなラブメッセージ… 2

必要なのは愛…そしてネットワークの保護だけ。

逆に怖い。NSA公式がキュートなラブメッセージ… 3

愛はときに難しい。愛する人の脳をくすぐるパズルを送るには、クリック。

逆に怖い。NSA公式がキュートなラブメッセージ… 4

愛とは分かち合うこと。NSAのテクノロジー・トランスファー・プログラムを通じてできるように。NSAのオープンソースセキュリティへの貢献についてはこちら。

逆に怖い。NSA公式がキュートなラブメッセージ… 5

愛はあらゆる形と大きさでやって来る。NSAのダイバーシティ活動の最新情報を読むにはクリック。

逆に怖い。NSA公式がキュートなラブメッセージ… 6

Love Note Dayに、子犬への愛はいかが? NSA職員の社会還元活動についてはこちらをクリック。

メッセージにはちょいちょい「良いことやってます」アピールがあって、NSAのサイト上でクリックすると本当に「ちょっと良い話」的なものにリンクしています。イメージアップに躍起なのはわかりますが、あまりに不器用すぎて、逆に何か裏の意図があるのではないかと怖くなります。批判的にコメントしたことが監視されてて、要注意人物フラグついちゃったり…なんて考えすぎでしょうか? 何しろ検索しただけで警察が来ちゃう国ですから。一応米国在住なので、心配です。あ、玄関に誰か来たみたいなので、このへんで…。

source: NSA

Kate Knibbs-Gizmodo US[原文

(miho)